四宿の屁(ししゅくのへ) 落語

尾籠な小噺の寄せ集め。これだけ集めりゃ、におってきそうっす。

江戸時代、品川、新宿、千住、板橋の
四つの岡場所(非公認の遊廓)を四宿といい、
吉原についでにぎわったわけだが、
それぞれの女郎の特徴を、屁で表した小噺。

まず品川。

昼遊びで、
女郎が同衾中に布団のすそを足で持ち上げ、
スーッとすかし屁。

客が「寒い」と文句を言うと
「あそこの帆かけ舟をごらんなさいよ」
と、ごまかす。

そろそろ大丈夫と足を下ろすと、
とたんにプーンとにおう。

「うーん、今のは肥舟か」

次は新宿。

これも、女郎が布団の中で一発。

ごまかそうと
「今、地震じゃなかった?」

今度は千住。

女郎が客に酌をしようとしている時に、不慮の一発。

そばにいた若い衆が、自分が被ってやると、
客は正直さに免じて祝儀をくれる。

女郎があわてて
「今のは私」

最後に板橋。

ここは田舎出の女が多く、粗野で乱暴。

客が女郎に「屁をしたな」と文句を言うと、
女は居直って客の胸ぐらをつかみ
「屁をしたがどうした。もししゃばりやがったらタダはおかねえ」
と、脅す。

仰天して
「言わないからご勘弁を」
「きっと言わねえな」
と言うと
「それじゃ、もう一発。ブーッ」

【うんちく】

四宿とは?

四宿と呼ばれた新宿・品川・千住・板橋は、
それぞれ、街道の親宿(=起点)で、
吉原のように公許ではないものの、
飯盛女の名目で遊女を置くことが許された四大「岡場所」でした。

以下、そのうち、新宿、板橋の沿革を一くさり。
他の二宿については、「居残り佐平次」「品川心中」(品川)、
「藁人形」「今戸の狐」(千住)をご参照ください。

四宿その1・内藤新宿

新宿は、正式名称は内藤新宿。

落語では「文違い」「縮みあがり」「五人廻し」
(演者によって吉原)などに登場します。

地名の起こりは、家康公江戸入府直後、高遠城主・内藤信濃守に、
現在の新宿御苑の地に屋敷を賜ったことからというの

(1/3) 次»

落語のあらすじ 
2008/06/14



コメント(0)|コメントを書く

カテゴリー一覧
最近のコメント
プロフィール

このブログを友達に教える

コミュニティ

画面TOP↑


powered by cocolog