当局も注目ーー「シルバー精工」、疑惑清算会社を売りつけた役員が辞任

 東証1部とはいえ、経営難が続く「シルバー精工」のその大きな原因の一つが、昨年2月、価値がほとんどないにも拘わらず、「創研」なる会社を39億円の巨額で買収したことであるのは、本紙既報のように、もはや疑いないだろう。その買収を主導したと思われる落合一也氏は11月30日を持って、シルバー精工から去った。落合氏は2000年9月に「渋澤国際総研」なる会社の代表取締役に就任。その後、03年4月、後にシルバー精工が買収することになる創研副社長に就任。さらに06年10月、シルバー精工の経営戦略室長を兼務していた。そして昨年2月、シルバー精工が創研を39億円もの巨額で買収したのは周知の事実。その直後の同年4月、シルバー精工の専務にまでなっていた。
2008年12月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

仕手(筋)
2008/12/02



コメント(0)|コメントを書く

カテゴリー一覧
最近のコメント
プロフィール

このブログを友達に教える

コミュニティ

画面TOP↑


powered by cocolog