家族療法

いよいよあと1週間。最後までがんばりましょう! 人気ブログランキング
↑ ↑ ↑ ↑
受験生のみなさんへの応援の気持ちを込めて、1日1クリックをお願いします。ランキングへの投票がされます。2位に肉薄してきました。がんばりましょう!!

家族療法についてリクエストいただきました。ちょっと多くなりますが、まとめておきましょう。

大事典では356pから360pまで、5pにわたって説明されています。ここで「ラッキー!」と思って一生懸命読むと、どつぼにはまる人がいるかもしれません。σ(^_^;) 詳しすぎて、しかもわかりにくいです。読むほどに混乱…
今になって見ると、ああ、ここだけ読んでおけばというポイントがわかりますが。

しけしんの臨床心理学編でまとめられているポイントを押さえておけばよいでしょう、というのが私の意見です。

ポイントを整理すると、
1.家族療法の前提としての一般システム論
2.ボーエンの世代論的アプローチ
3.コミュニケーション学派と戦略派
4.ミニューチンの構造学派
5.家族療法の技法

1.家族療法の前提としての一般システム論
家族療法は家族を1つのシステムとみなし、そのシステムを治療の対象とする技法を指します。この考え方の基盤となっているのが、一般システム論です。
一般システム論は、Bertalanffy, L. (ベルタランフィ)によって1948年に発表された、生物学、経済学、物理学などすべてのシステムを説明する理論です。次元の異なるシステムに関しても、構造上の同一性があり、そのシステム内の相互作用も同じ法則に従っていることを示しています。
私たちが理解しやすいところは、円環的システムでしょうか。家族ホメオスタシスの理論とかも、一般システム論を基礎としています。

過去問にもありますね。(^_^;
15-68
C.ホメオスタシスの概念が用いられる。→○
D.直線的因果律ではなく、円環的因果律が用いられる→○

この問題のA,Bは×です。C,Dが一般システム論と関連しています。

2.ボーエンの世代論的アプローチ
Bowen, M. の理論は、世代論的アプローチや、家族システム論と呼ばれ

(1/4) 次»

過去問の解説-心理療法
2008/10/13



コメント(2)|コメントを書く

カテゴリー一覧
最近のコメント

このブログを友達に教える

コミュニティ

画面TOP↑


powered by cocolog