AQUOS(LC-32GH1)な日々。

なんか「LC-32GH1」絡みでで検索して飛んでくる人が居るので
入出力関係のおさらいとスペック表に現れない部分を補足。
「LC-32GH2」についてもちょっと触れます。

入出力関係

オプチカル音声出力が1系統
IEEE1394が2系統
HDMIが2系統(入力5~6)
DVI入力が1系統(入力7)
コンポジットビデオ入力が4系統(入力1~4)(1~2系統がD4、3~4系統がS映像)
コンポジットビデオ出力(S映像)が1系統あるが入力4との切替式
センタースピーカー入力

電話回線モジュラジャック
LAN回線(10BASE-T/100BASE-TX)モジュラジャック
RS-232Cコネクタ

HDMIが2系統あるのはPS3の接続を考えてる人には非常にありがたいです。
PS3をHDMIで接続した上でもう1系統空きがある訳ですから。
尚、購入時に店員から電話奪ってメーカーに聞いた所によるとHDMIは1.3との事。

なんか1.2か1.3かの話が分かれてるので明言は避ける事にします。

コンポジットビデオ出力の音声は無調整とTV音量連動との切替が可能。

スペック表に現れない部分

スピーカーは取外し可能(ビス止め)
スピーカーケーブルの接続はバネ式ワンタッチ端子左右2箇所にて接続。
これはGH2のスピーカーが左右に配置される為。
別のサラウンドスピーカーを接続する事も可能(出力はそんなに強くないけど)

また、センタースピーカー入力端子からの入力をすれば
GH1・2のスピーカーを5.1chのセンタースピーカーとして使えます。
センタースピーカーとして使う場合、配置的にGH1の方が良いかも。

センタースピーカーとして使わない、もしくは既にセンタースピーカーが有る場合
GH2の方が良いです。
と、言うのも標準スタンドの高さが微妙に違うと言う事。

GH1のスピーカーを外すと妙に首長になってしまうのです。
下にスピーカーが有るせいです。

・・・でもスピーカーを外す使い方をする人が、スタンドの為だけに

(1/2) 次»

パソコン・インターネット | 葱な日々。
2006/11/06




コメント(0)|コメントを書く

カテゴリー一覧
最近のコメント
プロフィール

このブログを友達に教える

コミュニティ

画面TOP↑


powered by cocolog